パソコンがあるところには様々なシステムが稼働していて、それを設計するシステムエンジニアの存在に注目が集まっている。
一方、システムエンジニアの設計に基づいてプログラミングを行うのがプログラマーである。様々なシステムがあることから、プログラミングにも色々な分野が存在している。
たとえば、企業で用いるエクセルなどのソフトウェアや、インターネット環境の下で稼働させるWebアプリケーションなどがある。
また、プログラミングというと何もパソコンに限ったことではない。プログラム制御している電化製品が数多く誕生していることから、それらを制御するためのプログラミングもあるのだ。

ところで、注目されているキーワードにIoT化がある。
IoT化とは、モノのインターネットとも呼ばれていて、様々なモノがインターネット環境とつながることを指している。ただ単にインターネットとつながるだけでなく、お互いが情報交換することで制御する仕組みを作り上げるのだ。

電化製品を例に挙げると、家の外からエアコンをつけたり照明をつけたりする技術が必要とされる。さらにセキュリティー強化のために、外出先からモニターフォンの映像をチェックできる機能も需要が高い。IoT化には通信技術とモノとをつなげるプログラミングが必要不可欠であり、これからこの分野のプログラミングエンジニアの需要が増えるといわれている。IoT化に対応するためには単にプログラミングの知識だけでなく、通信技術などの高度な知識も必要となる。
※プログラミングによって何ができるのかを詳しく知る⇒【プログラミングの可能性は無限大!