近年、本格的なIT化に伴い、システムエンジニアの需要が急激に高まっている。
特に、プログラミング可能なエンジニアは、多くの企業で重宝される。自社のシステムの開発や、他社からの受注、また、一般人向けにアプリケーションを配信するなど、様々な需要があるのだ。
また、システムエンジニアやプログラマーは比較的簡単になることが出来るのもメリットだ。学歴や資格などが必要なく、知識と技術があれば活躍することが出来る。もちろんそれらの知識や技術を身につけるのは簡単ではないが、近年ではプログラミングスクールやオンラインでの学習サービスなどが増えてきているため、一定時間勉強すれば誰にでも身につけることが出来る。

プログラミングには様々な言語があり、エンジニアによって得意な言語はバラバラだ。これからプログラミングを勉強する人にとって、どの言語を勉強するのかが一つの迷いどころであろう。
勉強するプログラミング言語を選ぶうえで重要なのは、その言語の実用性である。いくらその言語を使いこなせるようになったとしても、その言語を使ってできることが無ければ意味がない。

多くの言語の中で、現在十分な需要があり、これからも伸び続けるといわれているのがWeb系の言語だ。HTMLやCSSなどを学習したうえで、JavaScriptやPHP、Rubyなどを勉強すれば、様々な開発に携わることが出来る。
たとえば、Webアプリ制作やホームページ制作などが代表例だ。これらの言語はプログラマーにとって基礎とされているので、まず初めに勉強するといいだろう。